2010年09月28日

Time Capsule 修理しました...04 破損コンデンサーの交換

対象のコンデンサーは接着剤でプリント基板としっかり固定されているので、
カッターナイフで接触を切ります
R0017424
RICOH GR DIGITAL 3

切った直後
R0017438
RICOH GR DIGITAL 3

コンデンサーを立ち上げた後、ニッパーで足部を切ります
そしては、はんだごてではんだを温めて、破損したコンデンサーの足をラジオペンチで引っ張ります
R0017449
RICOH GR DIGITAL 3

故障部分のプリント基板
R0017459
RICOH GR DIGITAL 3

ピンクの丸で囲っている4箇所が、破損した電解コンデンサー2本が接続している部分
ここの4箇所を把握した上で、反対側からラジオペンチで引き抜かないと、コンデンサー換装は達成できません
R0017465
RICOH GR DIGITAL 3

このとき、ハンダ吸い取り器(線)があると、初めからのハンダを除去し、プリント基板に部品用の本来の穴が見えてきます

プリント基板は、かなり狭苦しく、思ったようにいかないというのが正直な感想です...
posted by nimbus at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック