2016年01月23日

OS X El Capitan クリーンインストール

現在使っているのは iMac 2011mid 
10.7   Lion
10.8   Mountain Lion
10.9   Mavericks
10.10 Yosemite
10.11  El Capitan
とアップグレードし続けて使っているうちに
システムの起動時間や画面表示など
ありとあらゆる動作が緩慢になってきました
そこで、すべてをまっさらにすることを決心

まずはデータ待避用のHDDを購入
それがこの記事
http://firebolt.seesaa.net/article/431845290.html

まずはiMacのデータのクローン作成
以前の Yosemite ではディスクユーティリティで作ることができたのですが、El Capitan ではすっかり変わってしまったので
Carbon Copy Cloner というアプリケーションを使いました
今や有料のアプリケーションですが、30日間フリーなので...
https://bombich.com/

iMacのデータを無事外付けHDDにクローン作成(1日かかりました…)

そして、command+R  でリスタート
ディスクユーティリティ でiMacを初期化(OS X 拡張 ジャーナリング)してしまいます
クローンには1日かかったのに、初期化はあっという間...
IMG_7738
iPhone 5

...で、ディスクユーティリティと一緒に見えるメニューには「OSを再インストール」とあるので、こちらを…
と、思うところですが、これをやると購入時のOSつまり この場合 Lion がインストールされることになります
それでは、クリーンインストールにはならないので

さきほどクローンを作成したHDDよりシステムを起動(再起動時にオプションキーで起動ディスクを選べます)
そこから、App Store へ行き
El Capitan をダウンロード
そしてインストール先をiMac本体にする

…これで、ながいながい道のりが終了
起動直後の画面
El Capitan_default01
 
システムもしっかり えるきゃぴたん!
El Capitan_default02

何もしない、素の状態でのアプリケーションはこのとおり
El Capitan_default03


この後、せっせとアプリケーションをインストールしたことはいうまでもありません

唯一心配だったことは、いまや App Store にはない写真アプリケーション Aperture がどうなるか!?でしたが
無事、購入済みのメニューに現れて、あらためてダウンロードすることができました

時間をかけただけあり、今はとにかく快適になりました
システムの起動もアプリケーションの起動、終了もすべてすんなりいきます

唯一できなくなったことは、三本指ジェスチャーでのウィンドウのドラッグでしたが
「システム環境設定」の「アクセスビリティー」から手動で設定してこちらも無事復帰!

こんなにまで快適な環境になったので
これからは、なんでもかんでも よさそうならインストール…はナシになりそうです

posted by nimbus at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | journal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリーンインストールは最良にして最大の作業ですね。
私はデータのコピー(クローン作成)を省くために、新しいHDDに新しい OS その他を構築して古いHDDと入れ替えます。緩慢な動作の原因は HDD といいう可能性もあり、寿命もありますから。
#新しいぶどう酒は新しい革袋に、です(^^)v

しかし、もう Apple を仕事のパートナーにするのはやめようと思っています。
構成要素の故障率が高くて、修理に出すとユニット交換されてしまいます。バッテリーの劣化(後で判明)なのにロジックボードを交換された時は感情がフリーズしました。iPhoneとの連携が失われることも。そして複雑になり連携が不完全なシステムに嫌気がさしました。
長年、私の仕事のパートナーになってくれた Macintosh たちには感謝していますが、ちょっと信頼性に欠けすぎでしょう。昔の、爆弾が出て固まるほうがかわいいと思えます。

少しずつ手書きで原稿を書くようにしています。そして、情報通信やデータ加工のためのコンピュータには別の OS を試めそうと思っています。

あ、Macintosh は、音楽と映像を楽しむ家電として使いそうです^^;;
Posted by たかつ at 2016年02月05日 19:47
たしかにMacintoshにどれだけ時間とお金...つまり人生を費やしてきたかを考えると複雑な思いがあります。
OS X になってから、安定性は堅固になりましたが、今度はハードが追いつかなくなってきた感もあります。
でも、今はデータはクラウドにありますから泣き寝入りはなくなりましたが...。
「別のOS」とは何なのか興味がわくところです。
Posted by nimbus at 2016年02月05日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。